美月の闘病ブログ

PMS/PMDD/うつ病の闘病ブログです。

何も楽しくないのは何故?PMS/PMDD/うつ病

 

皆さん、お久しぶりです^ ^

前のブログからかなり長い間が空いてしまいました…何故なら今日の本題であるように〝何もかも楽しくない〟という状態が続いていたからです。

現に今もその中で生きています。更新するまでの間に色々な事がありました。

まず会社を辞めたという事。彼とかなりの距離を置くようになったという事。趣味に没頭することが少しも出来なくなった事。生き甲斐である愛猫が末期の病気にかかった事です。

私はただただ、愛猫の看病のお陰で命を繋いでいたような感覚でした。

愛猫の体調が落ち着いてきてからは、この世に自分の必要性を感じなくなり何度か自殺未遂をしました。

でも、どれもこれも薬を大量摂取してから行ったせいで全て中途半端に終わりました。

ただただ、母を悲しませるだけでした。

今もなお、喜怒哀楽の〝喜〟と〝楽〟が欠如している状態です。

皆さんもきっとそんな経験をした、もしくはされている最中の方もいらっしゃるかもしれませんね。。

私のブログでそれは改善されないかもしれません。ただ、私が希望の見えない世界で母の力を借りて見つけ出したものがあります。

それは【認知行動療法】というものです。

私は常に自分を誰かと比べたり、思い通りに出来ない自分を責めて、自分で自分の首を絞める性格をしています。

なので、病気を治すのにはまず自分自身と闘うところからと思い、薬治療だけでなくカウンセリング治療も行うことを決めました。

 

まだ一度目を受診しただけですが、とても落ち着く空間で誰にも話したことの無い心の奥底にあった弱い部分を優しく引き出して下さる優しい先生に出会えました。

まずその出会いに感謝します。

認知行動療法】は二度目の受診からで紙に書いて行うらしいです。

その経過はまたTwitterやブログで報告できれば良いなと思います🌸

 

もうそろそろ桜も散りはじめましたね。

どことなく、切なく寂しい気持ちになりますが布団から起き上がれなくても、涙が止まらない日でも、怒りの治らない時間も、悲しくてたまらない夜も、とりあえず生きてさえいればいつかその時間は報われる…今の私はただたそんな未来だけを信じて生きています。

 

不安な皆さん、一人じゃありません。

病気になって失ったもの、離れていってしまった人たくさんあるし、います。

でもきっと最後に残ったものは少なくともこの先、生きていく上で信じられる、自信の持てるものになると思うのです。

どうか消えたくなる夜も生きていられますように…そんな願いを込めたブログでした。

 

最後まで読んでくださった皆さん、いつもありがとうございます😊

また書けるときに更新しようと思います!

これからもこんなマイペースなブログではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:butamiluku:20190413233340j:image

 

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

ストレスを避けるのは逃げる事?PMS/PMDD/うつ病

 

今回は本当に久しぶりの更新になってしまいました…。

ここの所、愛猫が病気になり、彼と大きな喧嘩をしたり、希死念慮に負けてしまう日が多く中々文章を書けずにいました。

今日やっと書ける、その喜びを噛み締めて綴らせて下さい。

今回のテーマとするのは「ストレスを避けて生活する事は逃げることなのか?」です。

病気だから…休職中だから…とどんな理由でもつくり出してストレスをつくり自分で自分を追い込む事がよくあります。それは昔からの私の性格です。

もしかしたらこの病気にかかっている方では多いかもしれませんね…。

 

〝病気で休んでいるから笑っちゃダメだ〟

〝休職してるから好きな事をしたら悪い〟

〝楽しい事をする価値なんて私には無い〟

 

そんな事を考えて生きている方は少なくないと私は思っています。そしてその内の一人は私です。

ですがある日を境に考え方が変わりました。

それは、大切なものを失いそうになるという経験でした。

私にとっては、愛猫の突然の、病気でした。具体的には末期の糖尿病で、もうお医者様からも長くはないと言われ、延命治療のような事はやめて自宅で看取ると覚悟を決めた日からです。

 

寝ずに看病しました。何日も何日も…30分おきにケージに酸素を注入し、ずっと側から離れませんでした。

その時の私の気持ちは諦めではなく希望を持つ方向に無意識に向いていたからこそ、あんなに寝ないで耐えられたのだと思います。

それに応えるかのように、愛猫は獣医さんが驚く程の回復力とスピードで今ではなんとすっかり元気になってくれました!

今ではこんな姿を見せてくれます^_^f:id:butamiluku:20190320120208j:image

その時の私の気持ちは…

 

元気になってくれて嬉しい!

諦めないで頑張ってよかった!

でも、希死念慮に負けて恵まれた環境にいるのに自殺なんかしようとして、私はなんて情けないんだろう…こんな小さな体で必死に生きたいと愛猫が頑張っているのに私はこのまま好きな事も分からないまま、会社に縛られて、自分でストレスを溜め込んで病気を悪化させて…なんて情けなく勿体ないことをしているんだろう。

 

そう思えたのです。

もしかしたら、自殺未遂をしたその場に愛猫がいたので命をかけて教えてくれたのかもしれません…勝手な解釈ですが私にはそう思えて仕方がないのです。。

愛猫が病気の為に、彼氏とも自然と距離が空きお互いがお互いを考えて、思いやれる時間もでき、今では良い距離感を見つけられました。

本当に愛猫が全てを教えてくれた…そんな気がしてなりません。

 

そこで私はこう考えるようになりました。

まず何をしてても心に引っかかるものは〝会社〟です。

私は今回愛猫の看病をしていて、ハッキリと動物の命と隣り合わせで動物に携わる仕事がしたいと強く思いました。

会社に戻ったところで、そこにストレス原因があるのなら、必ず病気は悪化すると確信があります。何故なら社内の方と連絡を取るだけで体調を崩してしまうからです。満員電車でパニックになってしまうからです。

そんな無茶を続けて、良くなるかと問われると素直に頷けないと思いました。

そこで私は一度、家族や恋人と話し合い色んなリスクを踏まえた上で全てを切り捨てゼロにする事を決めました。

つまりは〝退職〟です。

 

その為に今日まで私は自立支援や、失業手当について調べ、まずはストレスフリーな状態を作りその環境下で治療に専念しようと思います。

それから、余裕が出てきたらリワークに通うことも決めました。

そして、素直に楽しい事は楽しむと、心掛けるようにしようと思っています。

そうしていく中で、こんな自分を受け入れられたらとても素敵ですよね。

私はずっと私が大嫌いでした。

もう、病院に通うのも、薬を毎日飲むことも、普通に人と接する事が出来ないこと、普通の生活が出来ない事…何もかもが嫌でした。

でももう、それは仕方ない。私は私だと割り切り、そんな私をまずは自分を受け入れていきたい。

それが今の私の目標です。

 

来週、会社の方に退職届を出しに行きます。

最終面談も兼ねて、お会いする事が今からとても怖いです。

でも、これから新しくスタートする為に髪の毛も短く切って、スッキリした気持ちで生きていきたいです。

 

これからが本当の闘病だと私は思っています。

甘い考えだと、そう思われてしまうかもしれません。でもこの病気を治す為の近道は、ストレスを軽減する事だと私は思うのです。

病気が良くなったら、また少しずつ強くなればいい、強くなりたいと思っています。

今でも体調には波がありTwitterではご迷惑をお掛けすることが多々あるかと思いますが、これから気持ちをリセットして、人生をリスタートしたいです!

 

今回のブログは、私がこれからゼロになる為に必要な覚悟を綴ったブログです。

私事で、参考になる事なんて無いかもしれません。ですが、生きていく上で選択肢は一つじゃないんだと、それだけは忘れないで生きていきたいと思っております。

 

最後までこのようなブログを読んで下さった皆様に心から感謝致します。

本当にいつもありがとうございます。

私が辛くても生きてこれたのは、Twitterのフォロワーさんやこのブログを読んで下さっている皆様が支えて下さったお陰です。

 

どうかこんな私ですが、これからも見守っていて下さると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最後に、私をここまで成長させてくれた愛猫のみるくに感謝です。

本当にありがとう。長生きしてね🍀f:id:butamiluku:20190320122203j:image

 

 

日常の事などはTwitterの方で呟いているのでそちらもチェックして頂けたら幸いです^_^

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました🌸 

また〝会社〟について区切りがついたら更新しようと思います!  

 

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

パニック発作?ヒステリー?PMS/PMDD/うつ病

 

お久しぶりの投稿になります。

現在Twitterをお休みさせて頂いている中、その理由と私の最近の悩みを書こうと思います。

それは〝パニック〟と〝ヒステリー〟についてです。

生理周期のPMDD期間、私の家族や彼は私を腫れ物に触る様に接しています。

何故ならちょっとした人の言動や行動に過敏に反応してしまい、私の中でスイッチが切り替わる様にして人がまるで変わってしまうからです。

情けないかもしれませんが、ネガティブになったり、怒ったりなんてレベルではありません…。

【きっかけ】が出来てしまうと自分でも自分じゃなくなってしまう感覚で突然に怒り出し、泣き喚き、叫び、見境なしに物を壊し、人に攻撃的になり暴力や言葉で相手を傷つけ、自傷行為希死念慮、感情の勢いで自殺しようとしてしまい、挙げ句の果てには過呼吸になり目眩がして脱力し、倦怠感に襲われ最後には眠ってしまいます。まるで何かに取り憑かれたかの様に豹変してしまいます。

例えばですがその【きっかけ】が「私のお菓子食べたでしょ!」なんて事でもそこまでに至ってしまうのです…。

 

頭の中で

【私のお菓子を勝手に食べられた】→【私の事を考えてくれていない】→【自分なんかどうで良いんだ】→【悲しい】→【そんな事も許せない自分が嫌だ】→【こんな自分居なくなった方が良い】

 

ここまで一瞬で変換してしまうのです。

 

事の発端は大体忘れてしまう程にくだらない事です。ただその時の自分にとっては大きな事に感じてしまうのです。

PMDD期間中、私の場合はそうなります。

なので極力人と関わらないという手段をとるしかありません。

ですが最近では、生理周期の時期関係なく日常茶飯事にパニックやヒステリーを起こすようになってしまいました。

他人の顔色や人からの評価を気にし過ぎているという自覚はあります。

以前処方されたお守りの頓服薬を試したりもしました。

発作が起きてから頓服を飲めば落ち着く…のではなく、パニックになってからでは遅く感じました。

事が起きてしまってから飲んだ場合、分かりやすく例えると獣に麻酔銃という感じで二時間程眠りはするけれど、起きても別にイライラが収まっているわけではなく、目覚めてもまたパニックを起こします。

パニックになりそうと予想できる日の場合、平常心の時に頓服を飲めば結果同じく二時間程眠りはしますが、目覚めた時はぼーっとして脳を麻痺させられている感覚があり、良くも悪くも感情が無くなります。

その為、パニックもヒステリーもその日はお越しませんが、とにかく無心になってしまい愛想笑いも出来なくなりました。

まだ最近処方して頂いた頓服薬なので体に合っていないのかもしれませんが、私はこの症状で何人もの人を傷つけ、いくつもの物を壊してきました。

 

パニックが落ち着き冷静になってから振り返って考えてみると、なんて危険な事をしたのだろう…一歩間違えていたら私も相手も死んでいたのではないか…。

感情の波に負けて自ら命を絶っていたのでは無いか…。

言葉使いも酷く汚くなり、喉から血が出るほど叫んで…泣きじゃくり駄々をこねて、私は一体どうしてしまったんだろうとずっと考えてきました。

PMDDなのかうつ病の症状かは分かりませんが、人の言葉が頭に入ってこなかったり、言われている言葉がわからなくなったり、虫食い葉っぱの様に記憶が無くなったり…。

 

私はこのままで本当に社会復帰できるのかと日々不安にかられています。

楽しかった事も手につけられないせいか毎日が退屈で面白くない。些細な言葉で死を連想するまでに傷つき、夜は得体の知れない不安に襲われる。

唯一の安らぎは家族である動物達です。

 

夜、やっと眠れたと思ったら何度寝直しても悪夢で目覚め汗で下着までびしょ濡れ。目覚めの気分は毎朝の様に最悪です。

これは生理周期に関係無くやってくるものです。

 

よくなってきている部分ももちろんあります。

食欲が出てきた事と、妹と近所のスーパーまで散歩に行ける様になった事、お風呂にすぐ入れる様になった事です。

そして相変わらず動物の世話は私の生き甲斐であり、癒しです。

あとは家事なのですが…最近は悪夢のせいか寝ても寝ても体が重たくて怠くて、家事も完璧にこなせず母に迷惑をかけるばかりです。

 

Twitterをお休みしてから、まずは生活リズムを整える事が大切と思い、最近眠れなくてもまず早起きをして、家事をして、そのあと二度寝する様にしています。

お昼は妹に付き添ってもらいながらお散歩をします。

少しでも心が落ち着く様に、食べ物も砂糖の代わりにハチミツを使ってみたり、紅茶をやめてハーブティーに変えてみたり、マッサージにストレッチ、軽い腹筋なんかも行っています。

それが何の結果に繋がるのかは分かりませんが、やらないよりかはマシに思えるのです。

後はノートに自分が何故うつになったのか考えをまとめてみたりもしました。

簡単に言えば原因は【環境の変化】【周りとの劣等感】【彼との生活のすれ違い】【何の為に働いているのか分からなくなってしまった事】【家族間での不平等さ】【痴漢】【セクハラ】こんな感じでした。

こういう事って、書いているだけでも苦しくなってしまいますね…。

 

一旦は生活習慣も心も落ち着き、会社への復帰の兆しも見えてきた中、ここにきて突然のパニック発作が新たな悩みとして生まれてしまいました。

自分をコントロール出来ず、手当たり次第に暴れて暴言を吐いてしまうんです。そんな自分が嫌になったら今度は自殺という方向に逃げるそんなずるい私です。

 

なぜこんな風になってしまったのか、自分でも分かりません…。

まるでピル治療をしていた時、副作用で別人になってしまった時にそっくりな状況です。

こんな悩みばかりを綴ったブログに何の価値があるのかは分かりません。

でも醜い私でも記録して、これから通院でどこまで回復できるのかも記録していこうと思います。

 

三月いっぱいで退職となるので、その前にアルバイトなんかも探そうと思っております。

精神障害者手帳と失業保険の手続きも必要になるかもしれません。またそれは両親や主治医と相談してみようと思っています。

 

久々のブログでこんなネガティブな発言ばかり、失礼致しました。

ですがこれは、こんな自分がどこまで変われるのか、しっかり残して誰かの役に立てばという思いで書きました。

 

 

醜い一面をお話ししてしまい、気分を害された方、心からお詫び申し上げます。

 

また落ち着いたらTwitterの方も復活いたしますので、よろしくお願いします。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

また進展をアップしようと思いますのでTwitterの方もよろしくお願いします🍀

 

 

 

  

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

人間関係/自分の足で立つとは? PMS/PMDD/うつ病

皆さん、こんにちは。

また久々な更新で申し訳ございません。いつもお付き合い頂き心から感謝しております。

 

今回は私が病気になってから学んだ「人間関係」と「自立」についてお話ししたいと思います。先日その事について病院にも受診したのでその記録と共にまた書かせてください。

 

私が今悩んでいる「人間関係」は家族です。主に弟と妹。年が離れていてまだ2人は高校生と中学生という事もあり、私の病気についての知識や認知がないのは当然ですね。

私が社会人になって今年には家を出るから部屋を貰えると思っていた妹からすれば、病気になった私はかなり邪魔者だと思います。

そして家族の前では上部で対応する反面、彼氏という存在には心底本当の自分でいられて安らぐので、1週間の半分程を居心地の良い彼と過ごしている私は、弟妹からすればただの遊び人にしか見えていないのだと思います。

 

そして、前回のメンタルクリニック受診時に、「家で邪険にされている事が辛く、家に居場所がないのが苦しいです。せめて家事をしようとやるのですがそれもまた重荷になってしまって、どうしたら良いかわかりません」と漠然とした悩みを打ち明けてしまいました。

すると先生は「彼と一緒に住めればいいんだけどね…事情もあるだろうからまずは減薬する前に家庭環境を整えないとね。病気は良くなってきているのに家庭環境が妨げになって悪化しちゃうのは勿体ないとしか言いようがないから、薬の効果で眠気は出ちゃうけど、お昼寝は1時間くらいにして、生活リズムを整えながらもう少し抗不安薬は続けていこうね」と言われました。

幸い両親は病気に理解を示してくれているので、私は両親の協力を得て弟妹に「調子が良く見えても外に遊びに行く事はサボりではなくてそれも先生の指示である治療の一つなんだ」という事を話してもらいました。

それであの2人が納得するのは難しい年頃だと思うので、分かってもらえなくても仕方がないですし、一度出来た分厚い壁を壊すことは弟妹であっても難しいものでした…。

前まで仲が良かっただけに悲しい気持ちもあります。

 

そして彼と過ごしている時はまた別の問題があります。家庭内のストレスが彼の前だとすぐ爆発してしまうのです…良く言えば心を許しているからとも言いますが、これは彼にしてみればただの迷惑に過ぎない八つ当たりです。

先日、泣いて怒って、日頃しまい込んでた鬱憤を彼の前で全部吐き出してしまいました。

その時お酒が入っていたから尚更歯止めが利かなかったのかもしれません…。

私は半年禁酒していたのですが、その時の自分はどこでも良いから逃げ場が欲しかったのです…。結果わんわん泣いて声が枯れて二日間喋れなくなるほど泣き叫びました。そんな私にずっと付き合ってくれた彼には感謝しかありませんし、頭が上がりません…。それでも一緒にいたいと言ってくれる彼が不思議で、逆に怖くもあるのです。

この人がいなくなったら私はどうしたらいいの?と宙ぶらりんな状態になる事間違い無しだからです。でもいつかは自分の心も体も自分で支えなくてはいけないですよね。自立する為にこれからどうしようかと私は考えました。

 

※ここからは私の自分語りになります。

 

私はうつ病ながらに夢があります。

まず、私は自立をしてこの家を出て、実家に仕送りをしながら彼と平凡に暮らしたいです。彼も家庭環境が複雑ですが、一人では無く私と暮らしたいと言ってくれているので、しっかり二人で支え合いながら暮らす事が一つの夢です。

 

そしてもう一つは、私は絵を描く事が好きなので自分の作品を商品化してコミティアやデザフェスに出店する事です。これは学生時代からの夢でまだ叶えておりません。

これが今絵の描けない私にはなかなかの難関なのですが…そこでフォロワーさん達とも交流できたら楽しそうだなと思いました^ ^

 

そして最後に3つ目、大きな心の変化から出来た夢です。これは病気になったからこそTwitterをはじめたからこそ出来た夢です。

それは動物達を救う仕事に携わりたいということです。思えば休職している今のお仕事は、私の好きなものがそこには確かにあるけれど、そこに私のやりたいことは最初からありませんでした。

それなのに、憧れの社名、憧れの作品、憧れの安定したお給料。早く家を出なくてはと焦りそこばかりに惹かれて、自分のやりたい事を見失ったまま就職してしまいました。

そうしたら、どんどん何の為に働いているのか生きているのかすら見えなくなり、タイミング悪く人間関係も拗れPMSPMDDが重なりうつ病になってしまいました。

 

ですが休職してから、どんなに体調が悪くても、家族である猫や金魚の世話は欠かさず行っていました。それにやり甲斐も、生き甲斐すらも感じていましたし、なにより楽しくて幸せでした。

だからと言って簡単に今の会社を辞めます!なんて無知の状態で勝手な事が出来るはずもありません…。

ですがここで決心をさせて下さい。

私は、今日から動物に関わるお仕事につく為に本屋さんやネットでペットショップや動物保護施設や飼育施設などについて調べ勉強しようと思います。

そして、動物達と関わる仕事をし、常に命と隣り合わせで生きていきたいと思いました。  それがどんなに重く辛い事でも、私は目を逸らしたくありませんし、しっかり好きなもの達の現実を知り、携わりたいです。

実家から離れて、自然の豊かな場所で彼と暮らす事が夢です。それは彼も賛成の上です。

調べてみれば田舎には多くの動物達の施設がありました。いつになるか分からないですし、まずは先立つものを稼ぐ事からですが、頑張りたいことを見つけました。

そして自分の作品でイベントに参加し、人と交流する程の余裕を持てるようになるまでが私の人生の目標です。

その目標までの過程で、失うものは多いかもしれません。彼に振られるかもしれないですし、病気が悪化するかもしれないですが…それでも私は時間が掛かっても自分の足で立たちたいです。

ここに書いた事は病気にならなければ、絶対にやりたいと思わなかったお仕事です。

私は絵を描くのが好きではありましたが、締め切りや何か指定をされることが嫌いです。趣味の範囲で自分のペースで描くことが好きなだけなんです。趣味と仕事は違う。

もちろん動物は好きです。でもそれは絵とは違って、好きだけどそれ以上に生き甲斐だと気付きました。

この世から絵が無くなっても、動物達はいなくなってほしくありません。失われた命には、また何度も生まれてきてほしいです。

 

新しい目標を掲げて、これからその為にどうしていくべきか考えていこうと思います。

今回のブログは大きく変わった私の心境と夢の変化の記録でした。

個人的な事なので、今回のブログでは参考になる事はないかもしれませんが…会社をクビになるまでのタイムリミットは3月までです。もうあまり時間は無いですが、決して焦らず慎重にしっかり考えて生きていこうと思います。

 

今回もまた最後までお付き合い頂きありがとうございました^ ^

こうして気持ちを表現できる場に感謝致します。

マイペースな更新ではありますが、またよろしくお願い致します。

 

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

わがままと自己主張の違いとは?PMS/PMDD/PMDD/うつ病

 

久しぶりの更新になってしまいました💦

ブログを書くのも結構な気合いが必要ですね…。でも書きたい時に書きたい事を書く!をモットーにブログを始めたので、どうぞあたたかく見守って頂けたら幸いです。

 

今回のテーマは「わがままと自己主張の違い」についてです。

以前、会社をいつ復帰するか、どうやって復帰するかについての面談を部長として言葉でフルボッコにされました。挙げ句の果てには1月に根性で復帰できなければクビを切るしかないという結論になってしまい、メンタルはぐちゃぐちゃになりました。

ですが、その話をメンタルクリニックの先生に相談した所もっと他に病気の理解がある人はいないのかという話になり、私は時々連絡をさせて頂き体調をいつも気遣って下さっていた代表取締役の方に部長とは別に改めて面談がしたいと申し出る事を決意しました。

何故でしょうか…いつもの私ならもう嫌だとなって、逃げ出すのですがお医者様のカウンセリングのお陰かとても前向きに強気に物事を捉えていました。

もしかしたら、Twitterでフォロワーさん達が背中を押してくださったお陰が一番大きいかもしれません^ ^

あとは、部長に言われた言葉が悲しみからどんどん悔しさや苛立ちに変わり、辞めるなら自分の意思を上の人に伝えてから辞めてやると怒っていたからだと思います💦

 

そして今月頭に取締役の方と面談をしてまいりました。カフェの隅っこの席で、とても話しやすい場所でした。

人の目にあまりつかない場所を選んで下さった時点で、取締役の心遣いに感謝しました。

話したい事は絶対に何一つ忘れたくなかったので、前日に徹夜してメモ書きをして持っていきました。

しかしお会いしてすぐに面談に入るのではなく、最初はご飯を食べながら映画の話なんか他愛もない話で私をリラックスさせて下さいました。本当に細やかな心配りのできる方で、心の底から感謝をしました。もちろん緊張はありましたが、トラウマになっていた面談なのに恐怖感はそのときには全く感じませんでした。

 

そしてここから本題に入ります。

まず取締役の方は「まず美月さんのメモしてきた話を全部聞かせてくれる?」と仰いました。

私はメモに書いた以下のことを全て話しました。

 

▪️私の現状の体調

▪️医師ですら完治を判断するのは難しい事

▪️タイムリミットまでに復帰する事に確信が持てない事

▪️復帰してまた駄目になってしまった時の不安と申し訳なさ

▪️辞めたくない気持ちと退職の二択で悩んでいる事

▪️部長の言葉で悪化してしまった事

▪️復帰した時、仕事量や社内の対応で悪化の可能性も好転する可能性もあると医師に言われた事

▪️完全復帰ではなくリハビリ復帰は不可能なのか…

 

今見返すととてつもなく厚かましいですね…。

ですが私が不器用な言葉で話している間、取締役の方はうんうんと相槌を打ちながら、真剣に目を見て話をしっかり聞いて下さいました。

 

何度も行ってきた面談でも、病院でのカウンセリングでも、本音を隠して本当の事を隠して話してしまう癖が私にはありました。

それはその場に行くまでは決意していた内容でも、なんだか大丈夫と言わないと相手に申し訳なくなってしまうからです。

でも私はそのせいで何度も後悔をし、空回りをしてきました。だからこそ、今回の面談では厚かましく我儘だったかもしれませんが、本当のことを全て話しました。

それで受け止めてもらえなくてもいいやと思っていたからです。ただ私のつよがりではなく、本心と現状を知って欲しかったのです。もちろん会社への感謝の気持ちも同時に伝えました。

 

すると、なんと条件を全てのんでくださったのです。その日クビを覚悟で向かった面談でした。それなのに、そこまで理解を示してもらえてなんだかとても申し訳なくなってしまいました。仕事については、3月まで休職をし、4月から復帰予定となりました。復帰の際はリハビリ形式となりましたが、ケジメとして自分の中で回復の兆しと医師の許可が3月までに得られなければ退職するという約束をしました。これは私自身が納得するための約束です。

部長の発言や付き合い方については、取締役の方も「病気を根性論で話すの確かに違うよね。今みたいに何か気になる事があったら相談してくれる?そしたら美月さんと部長が衝突しないようオフィスの席を変えたりっていう工夫は僕が出来るから。」と仰って下さいました。

このお言葉は本当にどん底だった私の気持ちを救って下さいました。とても有り難く、涙が出そうでした。これで復帰した時の不安事も一つ軽減されました。

 

私は今まで会社にしがみつき、必死になり過ぎてしんどくなっていました。いい子と思われたい、人に悪く思われるのが怖くて必死に振舞っていました。

でもそれはもうやめました。病気になって、フォロワーさん達と話していて、色んな人と関わってみて、悩んでみてやっと気づけたのです。

例え誰かには嫌われても、誰かを失っても、自分をもっと大切にしなければいけないという事です。

ただ人を傷つけるだけの意思表示は我儘です。

 

でも、自分の心身の健康を保つため、大切な人達を安心させる為の意思表示は重要な自己主張だと学びました。

 

これは個人的な学びなので、正解はなく人それぞれだと思いますが、私はその答えに辿り着きました。これからの私生活でも、仕事復帰した時も〝自己主張〟を大事にしていきます。

 

そんな気づきを記録するためのブログでした。

 

まずは休職期間の3月まではしっかり自分と大切な人達と向き合って治療に専念しようと思います。

これからも自分との葛藤を記録していき、完治した時にブログを読み返して、こんな時もあったなと笑える日を迎えたいです。そしてこのブログが同じ病気の方の何かのヒントになってくれたら、病気を経験した上でそれ以上の幸せはありません。

今回も長文ブログに最後までお付き合い頂きありがとうございました^ ^

 

また気まぐれな更新にはなりますが、よろしくお願いします。

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

 

 

退職/転職のイメージはマイナス?PMS/PMDD/うつ病

おはようございます☀

なぜ今ブログを書く気になったのかは分かりませんが、朝からの投稿を失礼致します。

多分、今日会社の偉い方との最終面談があるからその前に記録しておきたい自分がいるのだと思います。

 

今回は先日上司との面談を終え、その内容をメンタルクリニックの先生に診察含め相談した日のことを記録しておこうと思います。

個人的なテーマは【退職/転職はマイナスなイメージ】についてです。

病気で仕事を辞めること、転職することに負い目や罪悪感を少なからず感じてしまう方は少なくないと思っていて、私もその一人です。上司に病気の事を侮辱されたとしても〝ああ、私が根性がないから病気になった…私が悪いんだ〟という考え方に転んでしまうのです。

だからこそ、今の会社から離れる=逃げる事、負ける事という考えに至ってしまうのです。

そしてその思考をスッパリ切り離して下さったのは、毎度のことメンタルクリニックの先生でした。その日もいつも通り薬や、食欲、睡眠の経過報告のメモを書いて行きました。1つ違う事が書いてあるのは、上司と面談した内容について(前ブログ参照)の相談事を書いたことです。

その事に対して何を言われるのだろう…と不安になってしまい前夜から緊張状態で病院へ向かい、名前が呼ばれるのを待ちました。そして私が診察を受ける番がやってきました。 

私は「話が上手くまとまらなかったので、メモを取ってきました」と紙を差し出しました。

上から順に…

 

睡眠薬の効果

 

抗不安薬の効果

 

精神安定剤の効果

 

④最近出てきた体の痛みについての相談

 

⑤会社面談の内容についての相談

 

といった内容のメモでした。

睡眠も食欲も心の安定も、ストレスになるきっかけさえ無ければ落ち着いてきているらしく、波はあるものの良い経過ということでした。ただ波があるのが気になるのと、体の痛み原因はストレスのため痛みの緩和に繋がるらしく、精神安定剤の量が少しだけ増えました。

 

肝心の会社について、私はメモをもとに面談内容を先生にお話ししました。すると先生は「なんとなく会社側の心遣いというか、配慮が足りない気がするんだよね。完全復帰っていう言い方にもプレッシャーを与えてるように感じるし…。あなたがこの会社にどうしても戻りたいっていう気持ちがあるなら話は変わってくるけど、根性があれば病気が治るという考えの人が社内にいて、与えられる仕事量もどれ程のものか分からないのに、完全復帰して悪化に転ぶ可能性もあるからね…」と言われてしまいました。それには私自身も納得をしていて、頷きました。先生は話を続けました。

「1ヶ月後に完全復帰、それがダメなら2〜3ヶ月後に完全復帰しろっていうのは、医者でも完治を言い切れる病気では無いし、いつどこでまた再発するか、悪化してしまうか分からないから完全に復帰していいとは言い切れない。だからまず、この上司の人よりもっと上の人と面談をしたらまた教えてくれる?完全復帰したとして、会社の人達があなたにどういった対応をとってくれるのか、どんな仕事を与えられるのか、リハビリ期間は本当に貰えないのか…色々相談して決めてきてほしい。前の鬱が酷い時の美月さんには医者として判断させることはできなかったけど、今の落ち着いてきている美月さんならその判断を任せられるし、出来ると思うよ。ある意味で今はすごく良いタイミングで、これからの自分の人生を変えるチャンスでもあるし、自分の生きる環境を変えられるきっかけであって、自分を見つめ直すのにすごく良いタイミングだからね。だからそれは逃げでも負ける事でも無いから安心してね。」

 

メンタルクリニックの先生は私の不器用な言葉に対してそのように仰って下さいました。

私は縛り付けられて血が通っていなかった心が解かれてあたたかくなるのを感じました。

話を聞いていて、また、涙が出そうになりました。私は本当に素晴らしい先生に出会えたんだなと心から感謝しました。

そして、会社の人達と素直にありのままを打ち明ける決心をして、その日の内にすぐ上司に連絡を入れました。

そして、その最終面談の約束の日が今日なのです。

前回と違って優しい方ではありますが、面談というものに恐怖を覚えてしまっていて、とてもこわいです…。

ただ今日の為に沢山考えて書いたメモ握りしめて、しっかり自分の意思を持ち、上手く話そうとするのではなく、気持ちが相手に伝わるように一生懸命お話ししようと思っています。

 

長くなりましたが、今の会社から目をそらす事はいけない事だと思っていました。

それは逃げだと、自分に負ける事だという考え方をしていたからです。でもまさか、病気になった自分を恨んでいた私としては、これがこれからの人生と環境を変えるチャンスだなんてその言葉は衝撃だったのです。

病気になったことが、これからの自分を見つめなおせる良いきっかけだなんて考えられませんでした。

本当にメンタルクリニックの先生にはいつも良い意味で驚かされます。感謝しかありません。

 

今日の面談でどういった方向に転ぶかは分かりませんが…。

私の現状を現実的に考えて、2〜3ヶ月後に完全復帰できます!と胸を張って言い切る責任を持てません。リハビリ復帰の相談を持ちかけ、それがどうしても無理だった場合私は退職をしようと思っています。

前までは会社を辞めてはいけない、と思っていたので選択肢は1つだけでした。でもいまは考え方も変わって、前よりずっと視野も広くなりました。強がり元気を取り繕う癖が私にはありますが、今回だけは本当に大切な決断なので素直にありのままの私で、話したいと思っています。

あいにくの天気ではありますし、若干眠くて頭がぼーっとしておりますが、どんな結果であれ後悔のない話し合いが出来るよう努めようと思います。

 

また次のブログで今日の面談の事は記録しようと思っています。今回のブログで自分の考え方はあってるのか、もっと良い方法があるんじゃないかと現状に疑問や良い気付きが見つかった方がいらっしゃったらとても嬉しいです^ ^

 

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。またよろしくお願いします🌸

 

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

闘病ブログ/美月

 

 

理解してほしいなんて思わない。PMS/PMDD/うつ病

 

こんばんは^ ^

深夜の更新にも限らず読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。

もしかしたら眠れずに読んで下さってる方も中にはいらっしゃいますよね。

まず皆さんの心身の安定を願わせて下さい。

 

さっそく本題に入ってしまいますが、タイトル通り今回の私のブログに記録しておきたいテーマは「理解」についてです。

PMS/PMDD/うつ病と私は経験しておりますが、精神的な病はもっと沢山あり治療をされている方も沢山いらっしゃいますよね。

それでも何故か世の中ではまだあまり理解されない風潮があります。だからこそ、自分が病気になった時人に打ち明けるのはとても怖くて勇気が必要になります。

ただの風邪だったら「風邪ひいて病院行った」なんて日常会話のように言えるのに、「うつ病になったから病院行った」とは何故かかるく言えないのは私だけでは無いと思います。

相手の反応もきっと変わってくると思います。何が悪いのか分かりません。何が違うのか分かりません。寧ろ風邪より厄介で、つらい副作用のある薬での治療や長い時間と周りの理解が必要になってくる病気なのに、どうして根性論や甘え、怠けなどと怒る方がいるのか…私はとても不思議でそんな人達が怖くて、悲しかったです。

でも病気になって、自分の状況を客観視するために始めたSNSをきっかけに、同じ様な病気の方はとても繊細で努力家で、自分に厳しくて人に優しい方が多いと気付きました。

ただ、じゃあ自分はどうなの?と考えた時に周りの方と比べて卑下してしまい、自分自身で「私だけは甘えているのかもしれない…怠け癖がついて、根性がないだけなのかも。」なんてネガティブな思考も生まれたのも事実です。

自分は皆さんの様に優しくなんて無かったですし、寧ろかなりの捻くれ者だったからです。

 

ただ、当たり前の事が出来なくなって焦りを感じて、今日出来たことをSNSに書くたびに褒めてくれる方が多く、私や周りの人が当たり前にしていた家事や生理的行動はこんなにも難しく大変なことで、それを当たり前に出来る事がいかに幸せな事かと気づけました。

そして、どんなに出来ない自分に苛立ち嫌いになっても、一番に自分自身を褒めて信じてあげる事が回復への第一歩だとも学びました。

今は【褒め療法】というものを大切に取り組んでいます!

 

しかし、ちょっとした事でその意思が崩れる程に心が脆いのも現実でした。

先日私は会社復帰についての面談を都内のとあるカフェで上司と待ち合わせをして、行ってきました。

その上司の方はやはり厳しい時代を生き抜いてきた年齢だからなのか、私の病気に理解しようという気持ちすらないのが言動から伺えました。

休職期間を頂くための面談をした時も、散々人前で根性論を悲しい程に浴びせられました。

それがトラウマになり、その日も恐る恐る会いに行きました。それだけでもかなりのストレスを感じていたのか胃がキリキリと痛み、話している最中も笑顔を作り頷くのが精一杯でした。

もちろんその日の面談でも、カフェという静かな場所なのに大きな声で話されました。

内容的には、年内一杯しかもう待てないので復帰をするなら1月からフル勤務の完全復帰でお願いしたい。との事でした。

私は内心、まだ食事も睡眠もまともに整っていないのに1ヶ月後に完全復帰なんて出来るわけがない…と思ってしまったのです。今こう思い返すと弱気でとても情けないですが…。

ただその日に一番傷ついて、今までの中でも忘れられない言葉がどうしてもあります。 

現にその言葉で病気が悪化してしまった事もありました。

 

「もっと根性があると思ってたから期待外れだった」

「根性があれば1月から復帰するだろうし、根性が無ければ君は退職だろうな」

「よくお前の彼氏もこんなのと付き合えるな。彼氏がすごいと思うよ」

 

今書き出して見ても、防衛本能が働くのか心が痛みもしません。虚無という言葉がよく似合います。私は昔から傷つく程に笑顔で誤魔化す癖がありました。だからその時も笑顔を絶やさまいと笑いながら話しを進め、仕方なくその条件で飲み込み一刻も早く帰りたくて店を出ました。

上司と駅前で別れた途端に、頭の血がさーっと引いていき、目の前が真っ暗になり、今にも倒れそうな体を無理矢理動かして帰りました。

 

暖房のきいた電車に乗り、イヤフォンをつけると先ほどの光景と交わした言葉、将来への不安、家族への申し訳なさ、彼の事まで言われた悔しさ、何も言い返せなかった自分の不甲斐なさが一気に込み上げてきました。

涙が出そうになるのを堪えると、今度は酷い胃痛と吐き気に襲われ、一人で帰れなくなり、母に迎えに来てもらってなんとか帰宅しました。

 

魂が抜け落ちて、体から筋肉が無くなってしまったかのような感覚でベッドに倒れ込みました。心配した母が私から話をゆっくりと聞き出してくれました。

ぽつりぽつりと言葉にする内に、感情が大爆発を起こし大人気ないですが、子供のように泣きじゃくってしまいました。

悔しくて仕方がなかったのです。

 

それでも…どこか諦めている自分もいました。

何を諦めているのかというと、この病気を理解してもらうという事です。

何故なら、私も心の病に対して実際に自分がなるまではとても無知だったからです。それにこの計り知れない不安感や、恐怖は病気にならなければ理解出来るものではないと、実感したからです。

家族やお付き合いしている方、親しい友人ならばまだ話し合えば理解しようと努めてくれる可能性はもちろんありますよね。

でも近しい存在の人とですら、理解し合えずすれ違いが起こるというのに、このような病気を経験した事のない上司にそれを求めたって無理なのです。

今は分かってくれる人が分かってくれればいいと割り切れるようになりました。大切な存在の人達とすれ違いが起きても、それは体験してないのだから仕方がないと思える様にもなりました。ただ、本当に分かって欲しい時は言葉でちゃんと伝えれば、気持ちの持ち方が変わるという事も知っています。

だから、そんな時は経験者の多いSNSの皆さんにとても救われていて、感謝しても仕切れないのです。ありがとうございます^ ^

 

正直、そんな上司の下でまた働くのは計り知れないストレスだと想像できます。

ただ自分でもバカのつく頑固なので諦めきれないのが本音です。

 

なので、私はその上司よりも目上の人に相談を持ちかけました。

すると「年内一杯で治らない様ならば、3月に完全復帰という条件で会社と掛け合う事もできます。医師と相談の上またご連絡ください」と有り難い意見を頂けました。

なのでタイムリミットとしてはあと2ヶ月半の休職が可能になりました。

私はそれまでに通院と薬で治療をし、お医者さんと相談して決めようと思っています。

2ヶ月後、考えなくても分かるほど病気が改善されなかった場合は潔く諦めて退職するつもりです。

でも、少しでも可能性が見えて、病院の先生からも了解を貰えたら最後のチャンスだと思って頑張りたいのです。もしそこでまたつまづいてしまったら、それこそ私も諦めがつきます。

 

これからは今まで以上に会社と病院と家族と彼と、そして自分と向き合う日々になりそうです。

私の戦いはこれからなんだな…と感じています。

 

でもいつかこんな事もあったなと笑える日を願って私は生きたいと思います。

自分ができなかった無理な理解を人には求めず、今度こそ崩れ落ちない強い意志を持って、どんなに死にたい日があっても、とにかく、とりあえず私は生きようと誓いました。

 

その為にも皆さんどうぞこんな私ではありますが、これからも見守っていて下さると嬉しいです。

ブログを読んでくださる皆さんと、SNSでの皆さんの優しさが今の私を変えてくれて、優しさを教えてくれて、支えてくれていて、心の拠り所になってくれています。

どうか皆さんも、とりあえず生きてみて下さい。

心身共に波があるのはとても辛いですが、皆さんも一緒にいつか笑える日が来ることを、心から願っています。

 

 

今までで一番長いブログになってしまいました💦

こんなに文章を読まされる方も疲れてしまいますよね。。最後までお付き合い下さった皆さんに心から感謝致します。

本当にいつもありがとうございます🌼

 

また気まぐれではありますが、更新するのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

◼︎美月/Twitter

pms_pmdd00

 

 

 

 

 

闘病ブログ/美月